いのちの食育
~命継(きづな)メソッド~

食べる=吸収 排泄=出す は、食べたものだけではなく、言葉、音、色、気持ちなど、目に見えないもの、形のないものも大きくかかわっています。

笑顔あふれるしあわせな暮らしが続くために、必要なことはたったひとつ。

 

そのひとつを作るためには、それらのバランスを自分自身で調えることが大切なポイント。

また、それらを、親から子へ引き継いでいくことができたら、それは子ども達にとって、見えないけれど大きな宝物。

家庭の中で伝わっていくものは、人生の土台を作ります。

命継(きづな)コンサルタント

​~命継(きづな)~メソッドが選ばれている理由

1・総合的に学べるから

「食べる」のは「食べものだけじゃない」というところにピンときました。

「生きる」や「暮らし」に関わるたくさんの事が学べるのがうれしいです。

アンテナが立つと見える世界や取り込む情報が変わってくることを実感しています。

​Aさん 30代女性

祖母から母へ、母から娘へと伝わっていく「暮らしや生き方の智慧」が希薄になった現代ですが、それを学べると思い受講しました。家庭の中では、日々の暮らしの中で「自分で自分の命や暮らしを守る」方法を伝えているのだと思いました。

​Bさん 40代女性

孫への想いがあって受講しました。自分のしてきたことが良かったことを確認できたので安心しました。幅広い分野の講座なので、知らないことも多く、衝撃もありましたが楽しく学べました。孫を育てる娘にも伝えたいと思います。

​Cさん 60代女性

2・授業がわかりやすいから

さまざまな体験談を交えての講座は、とても分かりやすく記憶にも残ります。知らなかった言葉や内容も多かったですが、体験談とリンクさせると「そういうことか!」と理解できるのが良かったです。

​Aさん 40代女性

詳細な資料は「後で見て解るように」ということで、講座は体験談や余談を交えての解説で、とても分かりやすかったです。

​Bさん 50代女性

基礎講座は「食、心や身体のしくみ、環境、医療」などが課題になっているので、まるで学校の授業のようなのですが、体験談を交えて生活レベルで話してくれるので、とてもわかりやすかったです。

​Cさん 30代女性

3・実生活に落とし込めるように
       サポートしてくれるから

「毎日の暮らしの中で役立ててこその学びだよ」と常に講座で言われている通り、暮らしに繋げることができるようにアドバイスがあるのがうれしいです。またカウンセリングの様に話を聞いてもらえるところも安心に繋がります。

​Aさん 40代女性

薬との関わり方など、実際に困っていることについても、具体的に話してくれたので前向きに考えることができるようになりました。講座を受けているのに、カウンセリングに行ったような感じがありました。

​Bさん 50代女性

いろんな経験をされているので、言葉に実感があって、「自分もできる」という安心感があります。暮らしの中で活用していく方法と、気持ちのサポートをしてもらえるところが、「習っただけ」にならない良いところだと思います。

​Cさん 30代女性

​講座では何を学ぶの?

​初級講座 -基本の「き」ー
​講座時間

ただ今作成中です

中級講座 -世代を超えて伝える本当の食育ー
​講座時間  

ただ今作成中です

プレミアムコース
​講座時間 

ただ今作成中です

インストラクター養成講座
​講座時間

ただ今作成中です

その他ー受講生限定(修了生含)ー

ただ今作成中です

命継(きづな)メソッドとは?

大人から子どもへ伝える中で、最も大切なこと・・・

それは、どんな状況に置かれても、「生き抜く」ための智慧

危機管理能力や健康管理は、生活の中で自然と養っていくもの

大人になって、荒野に一人取り残されても、頭が真っ白になってしまうことなく、

「さあ、どうやって生き延びよう」と、考えることができる力を持つことは

どんな学力よりも必要なものです

​このような方が講座で学んでいます

子どもの頃に母を亡くしたため、母から暮らしのことや「人生」についてのあれこれを学ぶ機会がありませんでした。この講座は私にとって、「母から学ぶはずだったこと」を教わっている感じがありました。

学びたいことがたくさんありました。それがこの講座の中に全部含まれていたので受講を決めました。食や予防接種、薬のことだけでなく、自然療法や心理学、哲学など、内容も多岐に渡るので面白いです。

子どもを産んでからはじめて「食」について気にしはじめました。添加物や、農薬ことを学ぶだけでなく、様々な分野のことを学ぶことができてうれしいです。

セラピストとして、自分の得意とする分野は学びを深めてきましたが、「食」については意識していませんでした。「食」が「食べものだけじゃない」というところが、とても興味深かったです。

これまで、身体のしくみや食について学んできましたが、吸収するものをすべて「食」として取り扱うところに興味がありました。心と身体が繋がっているということがどういうことなのか、理解できたように思います。

母から家事について習ったことがありませんでした。「食伝」という話を聞いて、わたしから、娘に伝えられたらいいな、と思い受講しました。

「食」の大切さ、食以外の様々な子育ての話を聞けることが、とてもいいと思います。

食や子育てのことなど、たくさん学び仕事にもしてきました。言葉で表現できないですが、ブログなどから感じられる「何か」を感じて、受講の機会を待っていました。ようやく受講でき、実際にお会いすることができ、思った通りの方だったと、うれしい気持ちでいっぱいです。

ずっと心を落ち着かせる薬を飲んできました。今もまだ辛いことが多いですが、講座や雑談の中から、前向きになれることをたくさん学ぶことができました。温かい言葉や雰囲気に触れる度に、元気をもらいました。

​講師プロフィール 春ちはる

​Profile

私は23歳で脳下垂体機能低下症という病気になりました。生命のコントロールセンターの中枢が壊れたのです。

 

生きるために必要な脳からの指令信号を、ほんの少ししか出せなくなりました。でも全く悲観していませんでした。

「もうこの苦しい毎日からサヨナラできる」とホッとした感さえありました。

しかし不思議なことに、幼いころから死ぬことばかり考えていたにも関わらず、1年後の命すらあてにならないと「死」に直面したことでかえって強く「生きる」ようになっていたのです。

​お客様の声

「食べることって大事。」「食べものが私たちの身体を作っている。」

これは誰もが知っていること。そして大いに興味深いこと。

そんな大事なことを学んでみようとセミナーを受講しました。

 

セミナーは単に「食」・「食べ物」についてだけではなく・・・

この講座は、「生きていくために必要な情報(あまり広くは知られていないことや、嘘であってほしいと思うことなど)子どもたちに伝えていきたいこと」が盛りだくさんでした。

 

今まで、いろいろな学びをしてきましたが、点々の学びで・・・

どう子育てをしたらよいのか悩んでいる時に、このセミナーの開催を知り、何かの参考になるはず、と縋るような思いで申し込みました。

基礎講座では食の安心安全をどう選択していくのか、

市場に出回っているから安全、コマーシャルで・・・

『ここで全てが学べる講座』だと思います。

結婚してから、家族の健康管理をしなくてはいけない立場になったのだと感じました。

子どもが生まれてからは、栄養面だけでなく、

身体をどう作っていくのか、成長を妨げるものは・・・

ここに全てが詰まっていました。もうこの一言に尽きます。

それまで色々な分野の勉強に手を出し、身体のこと、今の世の中、日本の状態を少しずつ知り始めていましたが、さあ、これから二人の子どものとの生活に・・・

​よくある質問

Q

全く基礎知識がなくても大丈夫ですか?

A

基礎知識がなくても大丈夫です。受講のスタートは「日々の暮らしへの気づき」から始まります。知らない言葉が出てきても、ご自身の生活に登場する様々な物や事柄と照らし合わせることで、理解が深まっていきます。

Q

引っ越しなどで、通うことができなくなった場合はどうなりますか?

A

zoomなどのインターネットを使っての受講も可能です。他都市で開講する場合は、そちらで受講していただくことも可能です。その都度相談しながら、柔軟に対応させていただきますので、ご安心ください。

Q

入門講座から順番に受講しなければいけませんか?

A

講座はひとつの流れの中ですすめられています。実践講座までの流れによって、様々な気づきが導かれるように構成しています。そのため、途中からの受講で、講座の本流にある部分の深い内容を受け取っていただけない、というようなことがないように、みなさま入門講座から受講していただいております。