​お客様の声

「食べることって大事。」「食べものが私たちの身体を作っている。」

これは、誰もが知っていること。そして大いに興味深いこと。

そんな大事なことを学んでみようとセミナーを受講しました。

 

セミナーは単に「食」・「食べ物」についてだけではなく、身体のしくみを知ることもでき、そして何より五感(六感さえ含むのかもしれない)で得た情報すべてが、私たちの身体に入るという点では「食」ととらえて良いのかもしれない・・・感じて味わう全ての情報が私たちの身体に影響を与え、身体を構成していく。

 

そんなことを教えてくださるセミナーでした。

 

だからこそ、自分があまりに知らなかったことに気づく。

 

知らないことの自覚。それが始まりの一歩でした。

そんな私に豊富な情報を惜しみなく伝えてくれて、毎回あっという間の時間でした。

 

そして「食」という入口から入るのだけれど、自分が何を大切に思い、何を指針として、何を選択していくのか?

自分の人生の作り方に向き合うセミナーだったと思います。

 

出し惜しみのない春さん、そしていつも好奇心いっぱいの春さんにぜひ会って話を聞いてほしいな~と思います。

この講座は、「生きていくために必要な情報(あまり広くは知られていない事や、嘘であってほしいと思うことなど)子どもたちに伝えていきたいこと」が盛りだくさんです。

 

今まで、いろいろな学びをしてきましたが、点々の学びでした。それをこの講座で繋げることができました。

また、日々の生活に使えるような方法も教えてくれるので、即実践に活かせます。

 

もっと子どもが小さい時期、妊娠前などに聞くことができたら、子育ても、迷わずもっと上手くできたと思います。

 

また病院にむやみに駆け込むこともなかったでしょう・・・・

 

 

この学びは、これからの人生を健康で楽しく生きていくためにも使えるので、子育てが終わった世代にもおすすめです。

ありがとうございました。

どう子育てをしたらよいのか悩んでいる時に、このセミナーの開催を知り「何かの参考になるはず」と縋るような思いで申し込みました。

 

基礎講座では、食の安心安全をどう選択していくのか、市場に出回っているから安全、コマーシャルでよく見かけるから安心な食品、という概念は捨て去り、自分の目でよく見て選ぶ方法を学びました。

 

では、なぜ安全なものだけを売らないのか?どうして身体に害のあるものを食品に使うのか?などを追及していくと、私たち消費者にも大きな問題があることがよくわかりました。

 

また、以前より知りたかった経皮毒についても講習があり、皮膚から吸収する有害物質が、どれほど私たちによろしくない影響を与えているのかを知ることができました。

 

便利さを追求するあまり大切なことが忘れ去られ、身体だけでなく心も蝕まれていることが残念でなりません。

そして、その代償が地球環境の悪化にも繋がり、未来を担う子供たちに背負わしてしまったのは、私たち大人であることを痛感しました。

 

生き方、暮らし方を見直す時代に入っているのだと思いました。

子どもとともに、食のこと、環境のことなどを話し合って暮らしていきたいと思いました。

 

 

病院、薬、ワクチンなどについても学ぶことができ、今まですぐに病院に駆け込んでいましたが、この講座で説明を受けた家庭にある食材を使ったお手当てで、たいていの不調は対処できるようになり、今では病院に行くこともなくなりました。

 

インフルエンザに罹った時、夫だけは病院に行き処方された薬を飲んでいました。薬を飲まずお手当てで済ませた私と娘よりも病状は長引いていました。講座で学んだことを、家族で体験し、改めて講座を受けてよかったと思いました。

 

講座はすごく面白いです。

学べば学ぶほど納得します。

 

 

そして不思議なことに、子育てに必要と縋る思いで受け始めた講座でしたが、子育てだけでなく、自分自身の体調も精神面にも良い影響があり、深く悩むことも少なくなりました。

世の中の全てに理屈や理由があり、それが理解できていると、心も身体も自分自身でコントロールできるようになることがわかりました。

 

自分のトラウマにも気づかされ、主人の体調不良の原因についても理解することができ、点と点が繋がってきました。

 

まだ受講途中ですが、実りの多い講座なので、毎回ワクワクが止まりません。

 

セミナージプシー、セラピージプシーにならないようにと春さんが厳選した内容が満載の講座だけあります。

『ここで全てが学べる講座』だと思います。

 

結婚してから、家族の健康管理をしなくてはいけない立場になったのだと感じました。

子どもが生まれてからは、栄養面だけでなく、身体をどう作っていくのか、成長を妨げるものはないのか、どうしたら子どもたちは快適に過ごせるのか、生活に関わるひとつひとつのことが気になり、不安になりました。

 

誰に聞けばいいの?

何を読んだらいいの?

いくつ講座を受ければいいの?

気軽に相談できる先輩ママはいないの?

 

わたしは偶然、ちはる先生に出会い講座を受ける機会に巡り合えたのですが、講座内容を読んだ時に「これから生きていき上で必ず必要になる知識だ!」と確信し、主人を説得して受講に至りました。

 

乳児がいた私には、広い知識を一人の先生から一定期間学びつつ、相談もでき、学んできたことを生活にすぐに取り入れられることが、良かったと思います。

私は「魔法のkitchen」に通っていました。ここに全てが詰まっていました。もうこの一言に尽きます。

それまで、色々な分野の勉強に手事を出し、身体のこと、今の世の中のことや日本の状態を少しずつ知り始めていましたが、さあこれから2人の子どもとの生活に、どう落とし込んでいこうか、というところが最大の課題でした。

はじめは魔法のkitchenに、そんなに深く考えて受講したわけではなく、とにかく砂糖を使わない料理、ちゃんとした調味料を使った調理の方法、また仕事をしているので役にたつ常備菜を教えてもらえる、というポイントで探していて巡り合いました。

 

マクロビをしているわけではないけれど、陰陽の考え方、調味料の考え方、調理方法の考え方など、私が実践したいことがそのままあり、感動しました。

 

しかし、それだけではありませんでした。通い続けているとわかるのですが、春さんが、今の生活に落とし込んでいるネタの数々が、あふれるように出てくる出てくる、湧いて出てくる(笑)のです。

 

そう!これこそが私が実践したかったこと!

 

魔法のkitchenは、言ってみれば「変な料理教室」。表面は、料理を習っているように見えるけど、実は「生活」や「暮らし」について習っている。「習う」というより「感じとっている」と言った方が似合うかな。

 

春さんが今までたくさん勉強してきたこと、料理はもちろん、音、匂い、言葉、空気、全ては滲み出ているのです。

「あぁ、この生活をしたい。世の中いろいろ嫌なことや情報はあるけれど、ここまで来れたら、悩まず確固たる自信を持って選択し続けることが出来そう!魔法のkitchenの裏にある全てを吸収したい。

 

そう思ってセミナーを受講することにしました。

 

基礎講座は、私の得意分野でしたが、これまでの知識を再確認できました。実践講座に入り、これまで考えたこともなかった分野もあり、一気に劣等生(笑)ですが、知識の幅というか、人格の器が広がりそうで、とても楽しみです。

 

このセミナーの後で魔法のkitchenに行ったら、きっと前よりもっと気づきも多く、吸収できるものも多いと思います。再開を心待ちにしています。